コスト削減のお手伝いをいたします。経営支援は福岡のシェイプ株式会社にご相談ください。

お問い合わせ

Home >法人様向け >新電力



2000年以降、電力自由化によって電力供給の選択肢が広がり、様々な企業や施設が、これまでの大手電力会社だけでなく、
新電力会社(PPS)を検討し、選び始めています。

新電力とは?
新電力とは、既存の大手電力会社である一般電気事業者(現在、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力など)とは別の、特定規模電気事業者のことです。


今現在、県庁や市役所などの官公庁から、学校や病院などの民間企業までもが新電力を導入をしています。さらに2016年には、
一般家庭や個人商店などの低圧電力まで自由化されることが決定しており、導入を検討されている方が急増しています。

その背景には3.11の大震災以降、電力が不足し、この特定規模電気事業者である新電力会社が各メディアによってクローズアップされ、認知されてきたことが大きな影響を与えたと言われています。また、東京電力などの電力料金の値上げに伴い、新電力会社と契約を検討されている方も多いのかも知れません。

ここでは、新電力について解説しています。



新電力の仕組み

新電力会社は、自社発電所以外に、多数の発電所を有している会社と契約を結んでおります。多数の発電所と契約することによって、
各工場で余った電力(余剰電力)をお客様に提供することが可能になり、より安価な電力を供給することが実現できるのです。

電気の供給元を変えるので、今までのような、

・「省エネ機器の設置」
・「デマンドコントローラーの設置」
・「電気料金削減コンサルティング」

を実施することなく、お安い「電気」そのものをお届けすることが可能です。

法人向け電気料金削減なら、PPS新電力のイーレックス代理店のシェイプ株式会社)にお任せ下さい。

   


新電力の3つの特徴

1、初期費用は一切不要
これまで使用してる送電線での供給になるので、新しく配線や機械を取り付けるのにコストがかかったりすることはありません。

2、電気の質・安定性はこれまで通り
供給発電所が変わるだけで、同じ送電線での電力供給になるので、これまで通りです。

3、電気料金の継続的なコストダウンが可能
基本料金の単価が下がるので、一定の時期だけでなく、毎月の請求額が削減できます。




よくあるご質問

Q.なぜ安く電気を供給できるの?
A.新電力の自社発電所や日本卸電力取引所など安い電力を調達し供給できるからです! 現状では発電された電気を蓄電する事ができません。電気は常に市場で売買されています。そこで新電力(PPS)事業者は割安な電気を各契約発電所から調達し、その差益を割引として基本料金を見直し還元しているのです!


Q.本当に安全なの?
A.万が一、新電力(PPS)所有・契約発電所が停止しても、接続供給契約により電力会社が不足分を補填するため、お客様の建物が停電することはありません。また、電力の信頼性・品質にも変わりはありません。


Q.どれくらい電気コストが下がるの?
A.お客様の電気のご利用状況によって、お値引価格が変化します。契約電力に対して電気の使用量が少ないお客様は、基本料金単価がお安くなるため、継続的なコストダウンが可能です。

お見積りは、お電話もしくはメールでお気軽にお問い合わせ下さい。

宿ぷらざ